コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

パーソナルツール

Navigation

現在位置: ホーム / Events / nsws2017

NIMS ナノシミュレーション ワークショップ 2017

 

NIMS ナノシミュレーション ワークショップ 2017

2017年11月20日(月)  10:30 - 15:40(予定)

学術総合センター (竹橋) 2F   一橋大学 一橋講堂 中会議場

 

物質・材料研究機構(NIMS)では、東京大学生産技術研究所革新的シミュレーション研究センターと協力して、ナノ物質・材料、次世代半導体、有機・バイオ分子などの研究開発のために、第一原理電子状態計算を中心とする物性解析、機能解析、大規模解析、マルチスケール解析等のシミュレーションソフトウェアの開発を進めています。これらのソフトウェアは一般に公開され多くのユーザに利用されています。

ソフトウェアの今後の更なる発展のために、ユーザ同士およびユーザ・開発者間の情報交換の場として、ユーザコミュニティのためのポータルサイトを公開・運用しております。このユーザコミュニティの形成、ユーザとの交流の一環として、また、研究開発の発表・討論の場として、昨年に引き続きNIMSナノシミュレーションワークショップ2017を開催いたします。

ご関心をお持ちの多くの方にご参加いただきますよう、ご案内申し上げます。

本ワークショップでは、 ナノシミュレーションに関連する研究トピックス、プログラム開発・研究支援、連携研究などの講演を募集いたします。

参加申し込みはこちら

印刷用プログラム

ワークショップ当日、「印刷用プログラム」を印刷し、ご持参ください。学術総合センター入館の際、「印刷用プログラム」または「写真入りの身分証」のご提示をお願いいたします。

ワークショップ開催概要 :

主催

国立研究開発法人 物質・材料研究機構 

PHASEシステム研究会、特定非営利活動法人 物質材料科学ソフトウェア研究会

高効率電子デバイス材料研究コンソーシアム
ポスト京重点課題6「革新的クリーンエネルギーシステムの実用化」
サブ課題B 気液二相流および電極の超大規模解析による燃料電池設計プロセスの高度化

後援 東京大学生産技術研究所革新的シミュレーション研究センター
協賛 株式会社アスムス
会場

学術総合センター(竹橋) 2F

一橋大学 一橋講堂 中会議場3,4

東京都千代田区一ツ橋2-1-2

access.gif PDFファイル

http://www.hit-u.ac.jp/hall/file/menu-016/file_01.pdf

参加費 無料
参加申込み

下記参加申込みページからお申し込みください

参加申込み 

2017年11月16日(木) 締切  (会議当日も受付にて参加可能です)

問い合せ先

物質・材料研究機構 MANAナノセオリー分野

事務局  nano_ws[at]nims.go.jp

プログラム :     印刷用プログラム    講演概要集

はじめに
10:30-10:35 ご挨拶
大野隆央(物材機構)
PHASEの紹介
10:35-10:50 PHASEシステムの概要・機能の紹介および開発状況
山崎隆浩(物材機構)
研究トピックス
10:50-11:30 リチウムイオン二次電池における劣化解析への応用
世木隆(コベルコ科研)
11:30-12:00 地球シミュレータでのPHASE/0の性能評価と産業利用への展開
今任嘉幸(海洋開発研究機構)
12:00-12:30 分子性結晶のテラヘルツ振動モード同定とAlNの圧電定数 -ボルン有効電荷を利用した解析-
宇佐見護(アスムス)、澤田健、岩本敏志(日邦プレシジョン)
昼食 12:30-13:30
研究トピックス
13:30-14:00 抵抗変化メモリ(ReRAM)の動作機構に関する 実験および理論的検討
肥田聡太(鳥取大学)、木下健太郎(東京理科大学)
14:00-14:20 ZnO中Zn原子空孔の第一原理計算
斎藤峯雄(金沢大学)
14:20-14:40 2層グラフェンの金属インターカレーション
金子智昭(東北大学)
14:40-15:00 SiC表面上のグラフェンと水素分子の相互作用に関する研究
奈良純(物材機構)
15:00-15:30 自己無同着ハイブリッド密度汎関数法のPHASEへの実装と固体バンドギャップの高精度計算
濱田智之(物材機構)
総合討論
15:30-15:35 【総合討論】 PHASEへの要望・質問、各講演への質問など

おわりに
15:35-15:40 ご挨拶
大野隆央(物材機構)

講演内容 :

ナノシミュレーションに関連する研究報告、計算事例紹介、研究速報、関連するプロジェクト紹介
・ 物性解析、機能解析、大規模解析、材料探索・開発
・ ソフトウェアの利用事例、計算事例 (検証・実証計算)
・ ソフトウェアの研究開発(機能改良、チューニングなど)

講演募集 :

ナノシミュレーションに関連する研究、計算事例等の講演を募集します。  

講演申込み

2017年10月31日(火) 締切 (その後も講演申込み受付可能です。ご相談ください。)
講演依頼の発行をご希望の方は、事務局までメールにてご連絡ください。