コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

パーソナルツール

Navigation

現在位置: ホーム

NIMS / Nano-simulation Software

 

PHASE: First-principles Electronic Structure Calculation Program
第一原理電子状態計算プログラム PHASE
ダウンロード     マニュアル     インストール     動作確認環境     計算事例

UVSOR: Universal Virtual Spectroscope for Optoelectronics Research
誘電応答解析プログラム UVSOR

CIAO: Code for Investigating Atomic Orbitals
原子の第一原理全電子状態計算、擬ポテンシャル作成プログラム CIAO

ASCOT: Electron Transport Properties Calculation Program
量子伝導特性計算プログラム ASCOT

 

chsi001.jpgcnt.jpgbdt.jpg

半導体デバイスに代表されるナノデバイスは、我が国の産業競争力の基礎と位置づけられます。半導体デバイスにおいては、今後、ナノメートル領域に至る極限的な微細化を追求して更なる高性能化・高集積化を推し進めるとともに、酸化物、磁性体、有機物、ナノチューブなどの新規材料の利用、スピン・光などの新原理の導入など、様々な材料や概念を融合して機能を多様化する方向が模索されています。このような高機能次世代ナノデバイスを設計・開発するためには、従来型の経験的シミュレーションに代わって、パラメターを用いずに物質の構造・機能を高精度に解析できる量子論に基づいた解析技術が不可欠なツールとなります。

極限的微細化ナノデバイスの機能解析、革新的機能ナノデバイス構造の創成を実現するために、ナノデバイスの構造・機能を量子論的に高精度に解析・予測する計算手法・アルゴリズムの研究開発を行い、高度な計算機環境を駆使するシミュレーションシステムの構築を目指します。具体的には、第一原理電子状態解析の高機能化・高度化、原子・電子ダイナミクスの高精度解析、大規模第一原理解析などの研究開発を実施します。これにより、次世代半導体ナノデバイスをはじめ、有機デバイスなどの複合デバイス、太陽電池などの新機能エネルギー変換デバイスなどに関する材料探索、機能解析・予測を可能なものとし、ナノデバイス分野におけるイノベーション創出に貢献できるものと期待します。